So-net無料ブログ作成

女性アナ派遣見送り サッカー南アW杯(産経新聞)

 6月11日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、テレビ、ラジオ各局は軒並み女性アナウンサーの現地への派遣を見送るなど中継スタッフの規模を4年前の前回ドイツ大会よりも縮小させる。現地の治安情勢が不安定なことが大きな要因だ。

 日本テレビは事前に現地視察を行った結果、50人のスタッフを派遣することに決めた。前回大会より20人少なく、女性は一人もいない。同局は「世界が注目する祭典だが、治安が悪く現地までのコスト負担の大きさやリスクを考えるとやむをえない」と話す。

 前回、女性アナウンサーや女性タレントが現地からリポートしたNHKとTBSは、両局とも今回は派遣を見合わせる。スタッフの数もNHKは73人、TBSは約30人とそれぞれ20人ずつ減らす。NHKは「治安や時差、放送する試合数などから総合的に判断した」と説明する。

 またテレビ朝日も前回の80人から約50人に縮小。テレビ東京は5分の1の10人程度と見込まれる。フジテレビは調整中という。

 危機管理コンサルタントの田中辰巳さんは「派遣人数を減らすだけでは、身の安全のリスクは減らない。現地スタッフを日本からの派遣人員以上に多く雇い、テロ情報の入手に努めるなど、安全確保に万全を期してほしい」と話している。

【関連記事】
EXILEのPVに岡ちゃん“出場” 俊輔ら6選手も参加
5・24日韓戦はチケット完売の超満員
“王位継承”本田、ヒデと初対面で本音吐いた
玉田と闘莉王にナイキがW杯専用スパイク
「韓国に勝て」犬飼会長、岡田Jに“厳命”負ければ更迭論も
中国が優等生路線に?

2ちゃんダウン、サーバ攻撃って何?
大雨で1764世帯に避難勧告…兵庫・西脇市(読売新聞)
<高額療養費制度>改善を…厚労相に要望書提出(毎日新聞)
<掘り出しニュース>北海道で高齢者がオリジナル映画4作目 崔洋一監督が全面協力(毎日新聞)
大都市戦略の策定を=09年度首都圏白書案―国交省(時事通信)

「肩代わり法案」参院厚労委で可決−12日の本会議で成立へ(医療介護CBニュース)

 参院厚生労働委員会は5月11日、全国健康保険協会(協会けんぽ)の国庫負担を健保組合などが「肩代わり」する特例措置を盛り込んだ「医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法等の一部を改正する法律案」を可決した。可否同数だったが、柳田稔委員長(民主)の決裁で可決とした。12日の参院本会議で成立する見通しだ。
 
 同法案は、協会けんぽの後期高齢者支援金の負担を健保組合などに「肩代わり」させる特例措置が柱。支援金の算定方法を今年度から3年間、加入者数に応じて組合の負担額を決める現在の「加入者割」から、組合ごとの総報酬に応じた「総報酬割」に一部切り替えるもので、協会けんぽの負担が軽減される一方、健保組合は今年度に330億円、来年度に500億円のそれぞれ負担増になる。
 この日の参院厚労委の集中審議では、協会けんぽの財政再建計画を不安視する意見が委員から相次いだ。これに対し長妻昭厚労相は、後期高齢者支援金の負担軽減と、保険給付の国庫補助率の16.4%(現行13%)への引き上げなどによる再生スキームを説明し、同法案への理解を求めた。


【関連記事】
「肩代わり」法案が衆院通過
国庫負担「肩代わり」法案を可決−衆院厚労委
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」−衆院厚労委
健保組合、過去最悪の6600億円赤字に
国庫負担「肩代わり」法案に反対声明―健保連

生物多様性の損失止まらず 脊椎動物3分の1が失われたと発表(産経新聞)
台湾調査船がEEZ内航行、日本の同意なし(読売新聞)
一度建てれば30年間縛られる−特養・個室ユニットの行方(2)(医療介護CBニュース)
<もんじゅ>ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動(毎日新聞)
高松塚古墳 「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)

キモかわいい人形ズラリ108体 「花みずき街角誰でもアーティスト」(産経新聞)

 江東区の深川資料館通りで、商店街をまるごと屋外美術館に見立て、店舗のショーウインドーや軒先などを芸術作品でいっぱいにする「花みずき街角誰でもアーティスト」が開催されている。29日まで。

 深川資料館通り商店街協同組合(市角猛理事長、約100店舗)の主催。85本植えられているハナミズキの開花時期に合わせて、資料館通りを絵画や彫刻などで埋めようと平成13年に始まり、今回で10回目。

 今年は政治漫画家、ウノ・カマキリさんらプロを始め、アマチュアアーティストを含めて約150人が200点以上を出品。商店の軒先や善徳寺の塀などには子供から高齢者まで80人以上が描いた「紙のれん」がズラリ。商店街事務所2階では四国在住の作家、チバナオミさんが出品した人間の煩悩(ぼんのう)を表現するキモかわいい人形108体が展示され、注目を集めている。

【高速道路新料金】また見直しか!(レスポンス)
<事業仕分け>独法、消極的な改革姿勢 結果の実施力焦点に(毎日新聞)
<地震>茨城で震度3=午前7時28分(毎日新聞)
震災の絵、冊子に 「力強く生きて」 神戸・明親小元校長(産経新聞)
時効廃止 改正刑事訴訟法が即日施行…殺人など12罪対象(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。