So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

死に向かう志士、寺田屋と近江屋 龍馬ゆかりの地を行く(産経新聞)

【龍馬ゆかりの地を行く】

 坂本龍馬ゆかりの宿として有名な寺田屋(京都市伏見区)は、焼板に格子窓をしつらえた伝統的な日本家屋のたたずまいだ。1階には、当時の女将だったお登勢の部屋、2階には龍馬が愛用していたとされる龍馬の部屋がいまも残る。

 龍馬はお登勢を「おかあ」と親しみ、後に妻となるお龍を養女にしてもらうなど、何かと世話になった。「お登勢は、志士たちの面倒見がよかったとされているし、龍馬も『お国みたい(高知と同じだ)』と手紙に記しており、とても寺田屋が気に入っていたのでしょう」と、霊山歴史館学芸課長の木村幸比古さんはいう。

 薩長同盟締結後の慶應2(1866)年1月23日夜、龍馬は長府藩士の三吉慎蔵と寺田屋の2階にいた。1階ではお龍が入浴中だった。そのとき、幕吏50人が寺田屋を取り囲んだ。司馬遼太郎「竜馬がゆく」では次のように記されている。

 〈(捕吏。−)と思ったとたん、おりょうはそのままの姿で湯殿をとびだした。自分が裸でいる、などは考えもしなかった。裏階段から夢中で二階へあがり、奥の一室にとびこむや、「坂本様、三吉様、捕り方でございます」と、小さく、しかし鋭く叫んだ。竜馬はその言葉よりも、むしろおりょうの裸に驚いた。昂奮しているせいか、目にまばゆいほどに、桃色に息づいている。〉

 寺田屋にはいまも裏階段が残る。お龍は愛する男のため必死になって駆け上ったに違いない。龍馬は、高杉晋作からもらったという短銃で幕吏数人を射殺した。自身も負傷はしたが、お龍のおかげでなんとか命拾いした。

   ×    ×

 身に迫る危険を幾度も回避してきた龍馬だが、慶應3(1867)年11月15日、醤油(しょうゆ)商の近江屋で暗殺された。現在、河原町通り沿いの近江屋跡地はコンビニエンスストアなどが入るビルになっており、ビル前には龍馬と中岡慎太郎が遭難した地であることを示す碑がひっそりと立っている。

 龍馬の霊は京都霊山護國神社(同市東山区)に祀られ、墓前では手を合わせるファンの姿が見受けられる。

 33歳で非業の死を遂げた龍馬。暗殺の背景については、これまで数々の検証が試みられてきたが、真相はいまだに解き明かされていない。

 新選組隊士の鞘が近江屋に残されていたため、当初は新選組の犯行とみられていたが、明治時代、新選組隊士の証言から京都見廻組だったことが判明した。

 その後、見廻組隊士だった今井信郎が、龍馬を襲撃した一人だったことを告白した。隊士8人で近江屋を襲撃したとみられ、京都市東山区の霊山歴史館には現在、龍馬を切ったとされる桂早之助の刀が展示されている。

   ×    ×

 「暗殺の黒幕は見廻組の上部団体だった京都守護職の松平容保が有力ですが、徳川慶喜を新政府の盟主にしようとした龍馬の行為は許されないと考えた薩摩藩の陰謀説もあります」

 幕末史に詳しい霊山歴史館学芸員の木村武仁さんは、こう指摘する。

 黒幕をめぐっては、大政奉還の功労を独占しようとした「後藤象二郎陰謀説」や、暗殺者のターゲットは中岡慎太郎だったという「巻き添え説」といったさまざまな説がある。

 「一般的に暗殺に関する史料は少ないものですが、龍馬暗殺の史料は40点にのぼって多く、記述もそれぞれ少しずつ違っているので混乱するほど。龍馬暗殺だけで1冊の本ができるぐらい」と、木村さんはいう。 幕末の英雄だけに、作家たちもそれぞれに思いを巡らせ、いろいろな暗殺説が創り上げられたのかもしれない。

     ◇

 「龍馬とお龍」 龍馬とお龍の出会いの時期は諸説ある。龍馬は姉の乙女にあてた手紙の中で、「私しニにており候」(木村幸比古著『日本を今一度せんたくいたし申候』より)と、お龍が自分と同じ名前であることを紹介している。また、父・将作が病死して家が没落した後、悪者にだまされて女郎に売られた妹を、お龍が取り戻したことも手紙に記されており、姉にお龍を認めてもらおうとした思いが伝わってくる。(山田淳史)

【関連記事】
水陸に利点ある京の拠点 酢屋
鞆の浦、海援隊知らしめた沈没事件
港町が生んだ偉大な功績、丸山
高杉晋作と語る夢、関門海峡
手紙が語る志士の魂 長浜

元課長ら4人再逮捕=広島ガス子会社の架空取引−県警(時事通信)
寒立馬 地吹雪に耐え 青森・下北半島(毎日新聞)
「被害者が写っているので…」モニター暗転、廷内は5分間の沈黙(産経新聞)
「女から覚せい剤もらった」=交際継続動機か、証拠品着服も−千葉県警警部補(時事通信)
普天間代替 退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)

社民党 幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も(毎日新聞)

 社民党は27日夜、両院議員総会を国会内で開き、空席だった国対委員長に照屋寛徳、政審会長に阿部知子の両衆院議員を充てる人事を決めた。両ポストは23、24両日の党大会で決める予定だったが、福島瑞穂党首の調整不足に怒った照屋、阿部両氏が大会当日に就任を拒否。「衆参合わせて議員が12人しかおらず、他に適任者がいない」(党幹部)として、役員2人が空席の異常事態が続いていた。両氏は、最後は党首の陳謝などを条件に就任を承諾したが、お粗末な「お家騒動」に、与党の資質を問う声が出そうだ。【白戸圭一】

 福島氏は昨年12月の党首選で無投票4選を果たした直後、重野安正幹事長を続投させる意向を固めた。国対委員長は辻元清美副国土交通相が兼務していたため、当選1回の中島隆利衆院議員の国対委員長起用を内定し、連立を組む民主党に非公式に伝えたところ「経験不足」を理由に難色を示された。

 福島氏はやむなく、23日の党大会初日にベテランの照屋氏に就任を通告し、阿部氏には政審会長への留任を告げた。ところが両氏は「打診もない」と拒否し、照屋氏は大会を中座して地元の沖縄へ帰ってしまった。福島氏は大会中も調整のため携帯電話を手に壇上を歩き回っていたにもかかわらず、終了後の記者会見では「民主主義の政党のため、いろいろな意見が出て人事が決まらなかった」と述べ、失笑を買った。

 混乱の底流には、福島氏が参院選で党内に要望が強い選挙区からの出馬を避け、比例代表での立候補に固執していることや、今夏参院選への準備の遅れなどに対する党内の不満があり、福島氏の党運営に批判的な照屋、阿部両氏が日ごろの不満を爆発させた格好だ。

 2ポストが空席の3日間、社民党は重野氏が国対委員長、阿部氏が政審会長を暫定的に務めて急場をしのいだ。阿部氏は25日の基本政策閣僚委員会に「党首補佐役」として出席したが、翌朝には財務省が社民党側に「阿部氏は今後、どのような資格と肩書で税調に出席するのか」と電話で問い合わせるなど、政府側も対応に苦慮した。社民党幹部は「混乱ぶりは、与党として恥ずかしい。夏の参院選に影響が出るかもしれない」と自嘲(じちょう)気味に話した。

【関連ニュース
社民党大会:2ポスト先送り 福島氏に不満
社民党:普天間、現行案なら連立離脱 福島党首改めて示唆
DV:「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望
社民党:生き残りに危機感 福島氏に不満も
社民・福島氏:基本政策閣僚委の頻繁開催を要望

小沢幹事長の続投支持=鳩山首相(時事通信)
朝は1問だけに制限=首相の発言のぶれ懸念? (時事通信)
昨年の健康食品・サプリメント市場、4年ぶりに増加の見込み(医療介護CBニュース)
ボンバル機、整備のため引き返し(産経新聞)
<橋下知事>支持率70% 毎日新聞調査(毎日新聞)

離婚後300日規定の改正検討=「無戸籍の子」問題に対応−千葉法相(時事通信)

 岡山県総社市の片岡聡一市長は27日夕、法務省に千葉景子法相を訪ね、離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する民法の規定により、無戸籍となる子がいる問題を解決するため、同法改正を要請した。法相は「これまで頭に引っ掛かっていた。さらに自治体の意見を聞き、議論したい」と前向きに検討する考えを示した。 

<踏切>遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線(毎日新聞)
<原口総務相>メディア報道の「関係者」表現で見解(毎日新聞)
<志位委員長>「天の声より民の声聞け」と民主党批判(毎日新聞)
「ごめんなさい…」執拗な取り調べにすすり泣く菅家さん(産経新聞)
鳩山首相に「ドラ息子!」“子ども手当”でヤジまみれ(スポーツ報知)

名古屋市長 住基ネット離脱方針(産経新聞)

 河村たかし名古屋市長は19日、原口一博総務相と会談し、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)について「切断も含めて考えていくので対応をお願いしたい」と述べ、離脱方針を伝えた。来年度予算案に関連経費を計上しない考えも明らかにした。

 河村市長は会談後、記者団に対して「国民に番号を付けて中央が管理するのが地域主権なのか」と批判した。

 これに対し原口総務相は、記者会見で再考を求める考えを示した。

「半落ち」容疑者vs捜査員、供述の信憑性は…“本丸”へ詰めの捜査 松戸女子大生殺害 (産経新聞)
<普天間移設>平野官房長官「5月は政府起案の期限」(毎日新聞)
センター試験終了、追試は過去最多961人(読売新聞)
警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検(産経新聞)
ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)

名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当選確実(毎日新聞)

 米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設を最大の争点とした沖縄県名護市長選が24日投開票され、同飛行場の県外移設を主張した前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新推薦=の初当選が確実となった。条件付きで移設を容認する島袋吉和氏(63)との一騎打ちを制した。稲嶺氏の当選で、自公政権が06年に米政府と合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(同市辺野古(へのこ))への移設は困難となり、辺野古案も選択肢に残して移設先を検討している鳩山政権は、難しい対応を迫られる。

【写真特集】米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

 名護市長選で移設の是非が争点となるのは4度目。昨夏の衆院選で県外移設を訴えた鳩山由紀夫首相率いる民主党中心の連立政権が発足、県外移設への期待が高まる中での選挙戦となった。

 稲嶺氏は、条件付きで移設を容認した現職の島袋氏が06年に辺野古移設を容認した経緯などに不満を持つ一部保守系市議が擁立。民主、社民両党などの推薦を受け、県外移設の立場を明確にした。選挙戦では「辺野古に新基地は造らせない」と主張。鳩山政権との連携による地域振興などを訴えた。

 稲嶺氏の当選で、県外移設に向けた沖縄県民の期待がさらに高まるのは確実。鳩山首相は選挙結果が移設先の検討に影響する可能性を示唆しており、辺野古移設は極めて困難となる。一方で米国は現行の日米合意の履行を求める立場を崩しておらず、政権が対応に苦慮する場面もありそうだ。【三森輝久】

【関連ニュース
民意の行方:1・24名護市長選 きょう投開票 「期日前」3割超え
<世の中ナビ>2010安保:普天間移設を問う−−沖縄・名護市長選
名護市長選:新人と現職が立候補 普天間移設にも影響
普天間移設:沖縄知事「県内では辺野古以外ない」

囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)
普天間移設争点、名護市長選が24日投票(読売新聞)
寒さに負けず真剣勝負! ワカサギの氷上穴釣り解禁(産経新聞)
【視点】市有地に神社は違憲 新基準 政教分離訴訟どう影響(産経新聞)
<消費税>鳩山首相「4年間は行わず」 歳出の見直しに努力(毎日新聞)

おじいちゃん、おばあちゃんの孫への援助は年間75万円(産経新聞)

 サンケイリビング新聞社発行の育児情報誌「あんふぁん」は昨年5〜6月、全国の3〜6歳の幼稚園児を持つ女性計246人に、祖父母世代からの年間の経済援助についてアンケートを実施した。

 調査結果によると、祖父母から園児を持つ父母への金銭的援助は平均74万7526円。援助を受ける機会としては、(1)七五三(1万9341円)(2)旅行代(1万6301円)(3)誕生日祝い(5146円)がトップ3。金額で最も多いのは不動産購入時の頭金で、最低30万円、最高1500万円だった。

 援助額を祖父母の家と園児の家との距離でみてみると、「父親の祖父母が近く、母親の祖父母と離れている場合」が約94万円で最も多かった。「両親の実家双方が近い場合」は約46万円で、「母親の実家に近く、父親の実家が遠い場合」は約18万円と低めだった。

 同社は「母親の実家は金銭的援助と同時に、子供の世話や育児相談などで子育てをフォローしているのでは」と分析している。

【関連記事】
お年玉、相場は「年齢÷2×1000円」 
加藤清史郎くん、お小遣いは「週80円」
鳩山首相に告ぐ 国民の声「金銭感覚あきれた」
どんな夫婦? 高岡蒼甫、宮崎あおいに「お小遣いもらう」
理想の「いい夫婦」は4年連続で「三浦友和・山口百恵」

4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)
大わらじみこしが練り歩き=山形県高畠町〔地域〕(時事通信)
首相、阪神大震災追悼式に出席へ(時事通信)
鳩山首相「推移見守りたい」(産経新聞)
小沢氏聴取「できるだけ早く」=鳩山首相(時事通信)

長崎・漁船遭難、海底の船を山田丸と確認(読売新聞)

 長崎県五島列島沖で底引き網漁船「第2山田丸」が遭難、乗組員10人が行方不明になっている事故で、金子原二郎・長崎県知事は18日の記者会見で、遭難した海域の水深約150メートルの海底で、第2山田丸の船体を確認したと発表した。

 所有する山田水産(長崎市)の僚船が14日、魚群探知機などで船体らしい物体を確認。県の調査船が16日から、周辺海域に水中カメラを入れて調べたところ、海底に沈んだ船体を発見しビデオ撮影した。17日、映像を山田水産に確認したところ「第2山田丸に間違いない」と回答があったという。

部分日食 日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
寒さに負けず真剣勝負! ワカサギの氷上穴釣り解禁(産経新聞)
【中医協】診療報酬上の地域性への配慮、次回以降に結論(医療介護CBニュース)
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」−札幌地裁(時事通信)
直木賞は佐々木譲、白石一文の2氏=芥川賞は該当作なし(時事通信)

社民・国民新、移設先探しに奔走…自治体は反発(読売新聞)

 社民、国民新両党が沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先探しに奔走している。

 だが、反発する自治体は多く、調整は難航している。

 国民新党の下地幹郎政調会長は14日、山口県岩国市を訪ね、福田良彦市長と会談した。下地氏は、在日米軍再編の中で、同市内の米軍岩国基地の役割を見直す考えを示したが、市長は「普天間の移転候補地として岩国は到底受け入れられない。市民の混乱、動揺が大きくなる」と反対した。

 下地氏はその後、長崎県大村市も訪ね、松本崇市長に、同市内の海上自衛隊大村航空基地で普天間飛行場の訓練の一部を受け入れるよう要請したが、市長は「政府から正式に提案があった段階で検討する」と述べるにとどめた。大村市に対しては、12日に社民党の照屋寛徳衆院議員も同様の提案を市長に行ったが、市長は「絶対反対」と突っぱねた。

 下地氏は14日、記者団に「基地(受け入れ)は誰でも反対するが、安全保障は分かち合う必要がある。(受け入れは)『ダメだ』と言えば、(沖縄に)一極集中する」と語り、沖縄県以外の自治体に柔軟な対応を求める考えを強調した。

 一方、大阪府の橋下徹知事は14日、地元の関西国際空港を活用する案について、「沖縄の負担軽減につながる話であれば、テーブルにつきたい」と記者団に述べ、政府との協議に応じる考えを示した。「国外移設」も検討している社民党は、今月下旬に米グアムの米軍基地を視察する方針だ。

街頭犯罪、全国最多の大阪久々10万件下回る(読売新聞)
「権力の横暴だ」 石川容疑者逮捕で新党大地の鈴木宗男代表(産経新聞)
<歌会始>「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
政治とカネ、どこ吹く風 民主「予算優先」(産経新聞)
<戦闘ヘリ>受注減、350億円払え…富士重が防衛省を提訴(毎日新聞)

<時効見直し>「廃止」賛成が5割超す 法務省が意見公募(毎日新聞)

 法務省は20日、殺人など凶悪重大事件の公訴時効見直しについて、意見公募した結果を発表した。寄せられた458件の意見のうち、9割弱の393件が見直しを「必要」と回答。また見直し策として、「廃止」に賛成としたのは261件で過半数に上った。同日開かれた法制審議会(法相の諮問機関)の刑事法部会に示された。

 見直しが必要とした意見の理由は「被害者感情として納得できない」「犯罪抑止の観点から必要」など。一方、必要なしとの意見も25件あった。また、時効が進行中の事件にさかのぼる遡及(そきゅう)適用も賛成が148件に上った。意見公募は昨年12月22日から今月17日に実施した。

【関連ニュース
牛久強盗致死:水戸地検、男らを不起訴処分…18日で時効
茨城・強盗致死容疑:時効前、逮捕の3人処分保留で釈放
公訴時効:廃止など4案を提示 法務省が法制審部会に
公訴時効:見直しで刑事訴訟法改正案 通常国会に提出へ
忘れない:「死ぬまで殴られた」兄 なぜ時効の差 (京都・29歳社長暴行死事件)(1/2ページ)

無党派層と女性の「民主離れ」が顕著に(産経新聞)
小沢氏発言に疑問…4億円は自己資金?預金は?(読売新聞)
裁判員裁判2年目「公判ラッシュ」 東北(河北新報)
<陸山会土地購入>石川議員「黒いこと一切していない」(毎日新聞)
巡査長が捜査書類破棄=容疑で書類送検、停職−愛知県警(時事通信)

<寒気>東海地方も雪景色 岐阜で積雪8センチ(毎日新聞)

 急速に発達した低気圧と強い寒気の影響で、東海地方は13日早朝から各地で雪となり、名古屋市中心部も一時、雪景色となった。

 各地の気象台によると、同日正午現在の積雪量は▽岐阜県白川村で148センチ▽飛騨市134センチ▽岐阜市8センチ−−など。また、愛知県西部でも一時、数センチの積雪があった。14日午前6時までの予想降雪量は、岐阜県飛騨地方と美濃地方の山間部でそれぞれ60センチ、美濃地方平野部で20センチの見込み。愛知県内では西部の多いところで10センチ、東部で5センチの見込み。

 雪の影響で名古屋高速道路は小牧線、一宮線、清洲線、楠線が一時、通行止めとなった。またJR東海によると、東海道新幹線が名古屋−新大阪駅で10分程度の遅れが出た。名鉄は名古屋本線を中心に8本が区間運休したほか、90本に最大16分の遅れが出た。【米川直己、山田一晶】

【関連ニュース
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
雪:上信越道で車スリップ、東海道新幹線減速で5万人影響
スキー場:雪たっぷり 絶好のコンディション 岐阜・郡上
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明
雪:東海地方でも 岐阜・白川98センチ、高山31センチ

水仙娘が福井の特産品PR(産経新聞)
ターミナルレーダーに障害=発着便に影響−羽田空港(時事通信)
初雪 東京都心で観測 平年より10日遅く(毎日新聞)
未成年の患者が半数下回る―新型インフルで感染研推計(医療介護CBニュース)
無党派層と女性の「民主離れ」が顕著に(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。