So-net無料ブログ作成
検索選択

愛知の幼児ら3人殺傷、懲役22年確定へ(産経新聞)

 愛知県安城市のスーパーで平成17年、幼児ら3人を殺傷したとして、殺人などの罪に問われた無職、氏家克直被告(39)の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は、氏家被告側の上告を棄却する決定をした。懲役22年とした1、2審判決が確定する。決定は8日付。

 公判をめぐって弁護側は「統合失調症の影響で心神喪失だった」と無罪を主張。しかし、1審名古屋地裁判決は責任能力を限定的に認定、2審名古屋高裁も支持した。

 1、2審判決などによると、氏家被告は17年2月4日、同市内のスーパーでナイフを盗み、愛知県岡崎市の青山翔馬ちゃん=当時(11カ月)=の頭部を刺して殺害。翔馬ちゃんの姉=同(3)=と、安城市の女性を蹴ってけがをさせた。

【関連記事】
自宅放火、心神耗弱認めず有罪 裁判員裁判で責任能力争う初ケース
耳かき殺人、争点は責任能力 公判前整理手続き
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官
加藤被告側、責任能力争う方針 秋葉原殺傷
心神喪失で無罪を主張 母親殺害事件初公判
20年後、日本はありますか?

ホームページの翻訳急増 新型インフルきっかけに自治体(産経新聞)
前田日明氏の公認一転見送り!民主参院選1次候補(スポーツ報知)
新任女性教諭の自殺、公務災害と逆転裁決(読売新聞)
民主・小林千代美衆院議員、「聴取の要請があれば受けたい」(産経新聞)
核密約 麻生前首相「自分は承知せず」(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。